なりわいプロジェクトただいま進行中!

事務局スタッフ紹介

古怒田悦子

(主宰/取材・情報発信・つなげや)

写真

文学部英米文学科を卒業した後、新聞社に入社。その後、いくつかの編集プロダクションに勤務して編集・ライティングの経験を積む。編プロ時代は、スクールや新卒採用などの記事広告の取材・執筆、また、書籍や雑誌の記事制作に携る。 2008年より大手建設コンサルタントの関連会社にて広報・HPコンテンツ制作担当に。同社の組織変更に伴い、ルーティンワーク中心の勤務体制にシフトするなかで「働き方」「仕事の選択」といったことへの関心が高まる。間もなくフリーライターの立場で「なりわい者への取材」を開始。その後、取材対象者やキャリアカウンセラーを講師にしたセミナーを開催するように。現在、仲間とともに、「なりわいづくり」をキーワードに、若者と大人の化学反応を起こし、地域活性化やワクワクする次代につながる活動に向き合う。

長澤陽子

写真

(カラーデザイナー/セミナーコーチ・ファシリテーター・Web活用支援)

某大手電気メーカに8年勤務。 ITインストラクターとして「わかりやすさ」をモットーに官公庁システム研修講師に従事。(研修回数 延べ240回、受講者6000名) また、官公庁向けシステム化企画、パッケージシステム商品企画、販売活動を行う。 視覚的に訴求する「色の効果」を使った企画・提案書作成や商品カタログ作成などを行いマーケットシェア拡大に貢献。 企画・提案活動を通して、改めて「色」の大切さや「色」のパワーの大きさに魅かれ、メーカ退社後、カラーコーディネータースクールにて色彩学からプロプランナー知識までを学ぶ。 「色のすばらしさ」「色の魅力を少しでも多くの人に知って、更に使って貰いたい」という思いから今までの経験を活かしカルチャースクール・専門学校・行政機関などでカラー講師として活動中。

↑ページの先頭へ